オリジン弁当の戦略

こんばんは。市原の司法書士です。今日のブログでは小さなお店、飲食店ですね、が大きなお店に対抗する技の一つである、こばんざめ商法について述べてみたいと思います。こばんざめ商法とは一体何なんなでしょうか? 誰もが知っているいわゆる大手企業の店や、人気店のような集客力の高い店や、人がたくさん集まる観光施設や旅行スポットなどの近くで商売を行うやり方のことをこばんざめ商法と呼ばれたりします。これはその名の通り、サメのような大型生物のそばに常にいて、そのまま移動しながら身を守りつつ、おこぼれを狙う、こばんざめにちなんでいます。おこぼれと言っても眉をしかめるなかれ、これもれっきとした戦術としてあるんです。

大手企業は何よりも効率を重視し、大量生産できるものを作製します。そのために品質的には少しレベルが低いものを販売することになります。例えば、保存料が入っている、多い、とか、作ってから時間がたっていてそこまで美味しくない、とか、自然食品ではないとか、味気ない、とかいうものです。これに対して、これをこばんざめ商法で勝負するということであれば、小さなお弁当屋さんの場合であれば、その店舗の厨房で一個一個手作りをし、暖かいご飯と料理を提供するということになります。オリジン弁当なところがそれにあたります。オリジン弁当は確かに、コンビニ弁当よりも格段に美味しいと思います。最近のコンビニ弁当は、何十年も前の頃のものと比較すれば、格段に美味しくなったと思いますが、やはり、このようなオリジン弁当などと比較されてしまうと、劣ってしまいます。

私的には、オリジン弁当はお客さんが少ないときはいいのですが、混雑時に並ぶのはとてもいやです。そんなときは迷わずコンビニ弁当、となってしまいます。このように、小さなお店ならではの小回りの良さで対抗することができるのです。これは有名なマーケティング事例で、オリジン弁当がセブンイレブンの近くに出店するというものです。また、他には鳥貴族と大手居酒屋の和民の関係もそうですね。さて、オリジン弁当のお話です。先日、知り合いのおばあちゃんの家を訪問したときのことです。「お届けに来たんですが、お留守のようなんですが・・・。」との事でした。家の中は電気が灯っているけれど、声を掛けても電話を掛けても応答がないということらしいです。私からそのおばあちゃんに電話を入れてみました。しかし、10回のコール音でも電話に出ません。どうやら、おばあちゃんは、コンビニかオリジン弁当辺りに出掛けていたようでした。よほど、オリジン弁当が好きなようでした。ああ、よかった。このおばあちゃん、関節が痛いといっていた割には、結構行動的ですね。自分も関節に効くグルコサミンを飲んでいるとのことでしたが、おばあちゃんが飼っている犬にもグルコサミンをあげているようでした。どちらも足の具合がよくなるといいですね。

信玄餅、うまし

先日、社員旅行で山中湖に行きました。この旅行計画ですが、予定を詰め込み過ぎじゃないか、と、どうやら私が文句を言ってしまったようで(記憶は無いのですが)、今回は、富士山を眺めながら温泉に浸かる事と、遊覧船で富士山を眺めよう、という、かなり絞った内容の企画を立てていただきました。渋谷から高速バスに乗ってでかけます。そして、富士五湖到着しました。富士山を眺める旅行なのに、曇っていて、裾しか見えないです。周辺の山々はみえるのですが。そして、露天風呂からもやはり富士山は見られませんでしたが、富士五湖を眺めながらの温泉は最高でした。翌日こそはと思いましたが、残念ながら曇っており、富士山は見えませんでした。外人が結構多く、話しかけられました。今度、会社のTOEIC試験があるので、TOEIC模試を受けて準備しておかなければ、と思うのでした。お決まりの遊覧船に乗ろうかと思いましたら、なんと緊急メンテナンスで運休しているではありませんか。この遊覧船はついておりません。それではと脚漕ぎボートに乗ろうよと、提案するも、同行者から却下されてしまいました。忍者村のような所がありましたので行ってみたが、ショーはなかなか面白かったです。

手裏剣を体験させていただいたのですがここまで難しいとは知りませんでした。40回くらい投げてやっとそこそこ飛ぶようになりました。忍者屋敷には、あのトリックアートがありました。ここにもあるのかと感心します。さて、名物の食べておくべきものですが、まずはほうとう、ですね。結構寒かったのですが、あったまってよかったです。そして、あの、桔梗信玄餅です。帰ってからちびちび食べます。サービスエリアでとてもよく見かけるものです。結構柔らかめのかりまん。帰る頃にやっと富士山が少しみえました。富士山が見えないことが、あまり、ついていない感じの旅でしたが、楽しかったのでよかったです。紅葉もとっくに終わっておりました。私は温泉と美味しいゴハンをいただけましたので十分でした。

さて、桔梗信玄餅工場の見学に行きました。なんと信玄餅の摑み取りができるようでしたが、大人気で8時くらいから行かないとだめでした。売店で信玄餅ソフトが売っておりました。アイスクリームは見たことがありますが、ソフトクリームはここだけなのかもしれません。かなり高いのですが、食べてみる価値はあります。そしてほったらかし温泉、という温泉へ。山の中にある温泉で有名なんだそうです。この温泉、2つの温泉からなり、なんと、あっちの湯とこっちの湯、からなります。意外にも整備されていて、お昼を食べれるお店もありました。秘湯のイメージでしたが、観光地化されておりました。眺めは中々よかったです。そして、ほうとうの専門のお店へ行きました。山梨名物と言えば、ほうとうでしょう。この温泉の出口付近にほうとう専門店がちょうどありましたので行ってみました。具だくさんのほうとうでした。具だくさんでとても満足でした。また山梨に来たら行きたいお店でした。

微妙なサブウェイ

あのサブウェイ、私はほとんど買ったことがありません。オーダーメードで、パンの種類、野菜、トッピング、等々、のサンドイッチを選ぶ方式のお店です。買ったのは1回ぐらいでしょうか。どれを選べばいいのかがわからないことや、サンドイッチのくせにずいぶん値段が高かったこと、後ろに人が並ぶと焦る、のが印象に残っています。サブウェイには、パンの種類や野菜などを好みに合わせて選べて楽しいとは思うのですが、まあ、なんだか面倒くさいのです。そこまでサンドイッチにこだわりがあるわけでもないし、という感じです。

お店の明るい雰囲気につられてカウンターにきたのはいいが、「げっ、どうやって注文する?」という状況になります。そして、「おすすめは?」と聞いてしまいます。この「サブウェイ方式」はなかなか精神的ストレスが高いようです。あまりにも組み合わせが多いところから選ぶのは、エネルギーを消耗するものです。また、後ろに人が待っていると、迷惑がかかると思いかなり焦ってしまいます。自分が気に入る商品を選ぶということよりも、他人に迷惑がかからないことを避けたいと思ってしまいます。 さすがに「早くオーダーしろよ!」という人はほとんどいないと思いますが、無言のプレッシャーというのは確かにあります。

これに似たものにブッフェ形式というのがありますが、こちらは人にお願いするのではなく自分で好き勝手に食べる、食べないを即座に判断できるので、日本でも広く浸透しているようです。いろいろとサブウェイのことを書いておりましたら、久しぶりにサブウェイに行って見たくなりました。最後の行ったのはかれこれ6年前ぐらいではと思います。その頃よりも進化しているものと思いますので楽しみです。値段も高い方に進化しているかもしれません。サンドイッチを食べるのに800円とか、かなり高い感じがします。それでいてそんなびっくりするほど美味しくなかった気が… します。でも楽しみです。さて、明日の会社の安全職懇があるので、KYTイラストを準備しようと思います。おやすみなさい。

コーヒー牛乳のうんちく

本日、タイヤをスタッドレスに替えました。もう11月ですが、暑ったですね。もう11月なのに汗だくになってしまいました。なかなかタイヤ交換のタイミングが合わなくて今日を逃すと1ヵ月以上は替える日が無くなってしまうので朝から気合をいれてやりました。さて、先日のキャンプでのお話をします。起床しまして、ササッと片付けをしました。そして、そのまますぐに高速道路へ向かいます。でも、その前に寄り道してしまいました。また来てしまいました。川根温泉です。そこには、なにか来ていて、人だかりがありました。近寄ってみますと、ポニーや、ウサギ、ヤギもいました。何かと思えば、移動動物園のようでした。

そこで十分に楽しみまして温泉へいきました。もちろん、お風呂上がりは「牛乳」です。昔はコーヒー牛乳でしたが、最近はちゃんと味が味わえる牛乳に切りかえました。まあ、牛乳の味の違いなんてなかなかわかりませんが、パック牛乳との違いはわかります。牛乳といえば、肌に合わない人がときどきいます。犬の話にはなりますが、犬がアトピーにかかっている場合には牛乳を犬に与えるとよくないらしいです。そして風呂上がりにお腹が空きました。道の駅の野菜売り場で自然薯を見かましたので、「とろろ」が食べたくなり、とろろが食せるところはないかと、川根温泉から高速道路に移動しつつ探しておりました。さて、空腹の科学です。健康の基本は胃の中を空っぽにしておくことです。エネルギーが足りなくなった時に「お腹が空いた」と感じます。お腹の中に何も入ってない方が調子がいいです。

太った人は常にお腹に物をいれているんじゃないかと思います。そういう私も、結構なダラダラ食べている方で、これを聞いたときはドキリとしました。思い起こせば、1、2時間おきになんか食べているようです。おにぎりとか、飴とか、チョコとか、コーヒー牛乳とかです。しかも、朝昼晩も正規のご飯もちゃんと食べますので、こんなに運動していてもそこまで細くないのです。ここでのポイントはイライラをしずめられるのではと常に食べていることが普通になっていること。食べていてもいいのですが、低GI食品に変えましょう。

どんな状況でも食事は大事ですね

昨日は朝から胃が痛く、食欲なしでしたが、なにか食べないとイライラして落ち着かないので準備することにしました。朝ごはんですが、トーストのヨーグルトのせ(チーズケーキ風です)を作って食べ、しばらくすると、胃がだんだんムカムカしてきます。横になってて胃痛が収まるまで待ちます。そして、お昼になると、なぜかお昼を食べないといけないような気がしてまた、昼ご飯を食べてしまいました。朝食や昼食後には、いつもコレトミで買っておいたお茶をいただいています。

近所の方から大福をいただきましたので、これをお茶菓子にして午後のティータイムとなりました。お茶が沢山買い置きしてあったので助かりました。この大地震ですがさすがに停電になってしまうとぶらぶらでかけることもはばかられます。仕方がないのでやることもなく、早々に夕食の準備を始めました。冷蔵庫にあった生姜焼き、だんこんサラダなど、日持ちしなさそうなものを優先的に使います。停電の夜でしたが豪華な夕食となりました。また、保冷剤がまだ凍っていましたのでそこにビールを入れておきましたら、夕食時にちょうどよく冷え、イイ感じのビールまで飲むことができました。情報が知りたいとテレビはつかないのでラジオを聞き続けていました。ふとそとに出ると星空がとってもキレイでした。北海道でも明るい都会では星が見えにくいものなのです。ウチが偶然コンロがガスだったのでよかったですがオール電化のお家のIH器具では不便だったと思います。

こんな時はガスコンロとガスボンベは必需品と思います。コレトミで買ったガスコンロはなかなか性能が良いものでした。翌日もガスが使えるのでガスで鍋でお米を炊きました。停電なのに朝食に炊き立てご飯が食べることができました。余ったご飯は、すぐにおにぎりにしました。お昼以降に食べることができます。2日目の晩御飯をどうしようか、とりもも肉でから揚げなんざを作ろうと思っておりましたら、やっと、停電解消となりました。ウチは買い置きが多いのか、犬の虫下し(ドロンタール)までありましたので、この停電中にもかかわらず、ちゃんとの犬の虫下しを予定通りできました。我が家では、コレトミさんとガスのおかげで地震発生後の停電から我が家ではガスが使えたせいもあってコレトミで買っておいた色んな食材、飲料、等で全く食事に困ることなく普通に過ごせました。

パンが楽しみです

千葉市で行われていた、第5回パン祭に初日に行ってきました。秋のパン祭りみたいですね。パン祭りの会場に入ったのは、14時すぎ頃でした。だいぶ出遅れたので、期待のパンはないだろうな、と思いましたが、仕方がありません。最近は、朝はめっきり弱いので覚悟の上です。昨年のパン祭も来ていて知っているので、何かは買えるだろうと思っていて、とりあえず行ってみました。お目当ての山田屋のデニッシュと小倉フレンチトースト、がありました。さて、今日も労働時間10時間でしたが、疲れて帰ってきました。

買ってきたコンビニ弁当を食べながら、冷蔵庫にキープしてあったハイボールで乾杯しました。木曜ドラマ「パンダになれないあなたたち」を見ながら飲んだのでした。ドラマの出演者の松田龍平ですが、最近、よく出てきます。丸いメガネをかけています。知らなかったのですが、松田龍平の父親は、松田優作なんだそうです。俳優一家らしい。どうりで顔のつくり、そのオーラから全然違うなあ、とはうすうす思っていました。この木曜ドラマはいつも楽しみにしています。録画しているほどです。ドラマを見終わったあとは、地上波で番組を探します。最近、テレビ番組がびっくりするほどおもしろくなくて驚きます。続けて1分以上みられないほどです。

半年ぐらい前に、Netflixに入会したので、最近はもっぱら、こちらばかりです。内容が重たいものが多いですが、さすがに有料だけあります。今晩は冷え込んでいるようです。今日の仕事終わりに道路に表示されている温度計みたらなんと6℃でした。かなり寒いと思いました。私の部屋の温度は11℃と結構な寒さです。そして、ペプシなんざを飲みながらブログを執筆をするのが、ちょっとした楽しみでもあります。すぐとなりでウチの犬がこちらをうかがっています。そういえば、フィラリアの薬(こちら)をあげないとな、と思い出しながら、PCのキーボードを打ちます。風呂上がりで、あったまったのですが、暖房もなにもつけていないので身体がだんだん冷えて参ります。さてさて、これを書き終わったら、もう少し好きなことをやって寝ます。就寝前のこの時間が幸せです。あしたの朝も冷え込みそうです。冬だから仕方なしです。

バスタオルだけはゆずれない

アピタでバスタオルとタオルを3枚づつ購入して新しい物に買い替えました。それぞれ1枚2480円と980円で、アピタの品ぞろえの中ではおそらく最高級品だと思います。タオルがごわごわと、風呂上りや手洗いの後に手を拭くとき悲しい気持ちになるのです。細かいことかもしれないけど、自分にとっては普段の生活の中で大事にしているところです。バスタオルとタオルがごわごわなのは耐えれないのです。これまでずっとあの今治タオルを使い続けていましたが、今度はもう少しお安くてふわふわのタオルを探しておりました。極秘調査の結果、アピタにあったことがわかりました。

アピタだけあってお値段は今治タオルのおよそ半額ですみました。洗濯をしたら、すぐに弱るかもしれないけど、とりあえずしばらく使ってみようと思っております。実家のバスタオルとか結構ごわごわなんだよね。毎日、柔らかくてふわふわなタオルを使える事はなによりも小さな幸せなのです。私の中ではバスタオルの順位は高いのです。さて、博多でのお話。イカした若い男がおりました。印象は明るく、よく気がつく好青年なのです。声が俳優の草刈正雄に似ていると自分では思っている。彼は学生の頃はちょっとヤンキーだったそうで、犬びジジにフィラリア薬(こちら)を処方しながら、高校の頃からタバコを家でふかしておりました。でも彼の親はあまりとがめることなく、おおらかな家族だったそうな。彼の自宅に友だちを呼んで、いわゆるたまり場となっていた。彼のお母様は息子の友人の前でなんと、風呂上がりにバスタオルを巻いただけの姿をしていましたとさ。

さらにその友人たちにあんたたち、風呂に入っていきなされと声をかけたそうです。さらにさらに、あんたたち、泊まっていきなよ。一緒に寝よう。おばさん真ん中で寝るからさ、おしゃべりしようよ、言っていたらしい。そしてその親父さんのお話。イケメン君が学校で悪事をして、担任の教師が家庭訪問にやって来た時のことです。彼の父親が対応にあたったのですが、「この度は息子がご迷惑をおかけしまして、すみません。お前、ちょっと来て。ぼこぼこ、ぼこぼこ」とおやじさんから殴られたそうです。先生がさすがに止めにはいって、収まりました。そして、親父さんは言うには、いやー、あれだけやっとけば、先生は、もう、なんにも言うまい。というお話。

今年の秋の旅行は?

さて、青森県はただいま紅葉シーズン真っ盛りなのです。僕が好きな深浦町十五湖も色づき始めました。毎年、毎年欠かさずみに行っている深浦町なのですが、今年は仕事がありがたいことに忙しいので、行くことがむつかしいかもしれません。そして、この土日の週末は青森県山田子町へ行ってきましたよ。最近、岩手県三戸市の友人4人と仲良くさせていただいておりますので、私は下北半島の出身の人間ですが、しばしば県南やカシオペア連邦にはよく寄らせていただいております。今回のおでかけの目的は「滝」と「肉」を食べること。
滝は山田子町の市街から60キロと離れたところにあり、行くのにも苦労するところなのですが、山中の駐車場に車を止めさせてもらい、徒歩55分くらいの遊歩道を歩くと目的地の滝が現れます。

この滝は「みろくの滝」といいます。フォルムがスヌーピーの横顔に見えることから、別名を「スヌーピーの滝」とも言われていますよ。確かにスヌーピーに見えますが、毛並みの悪い猫のようですね。高さ67mで、幅780mほどで、糸を引くように滝が流れているため、さらに別名「ソーメン白糸の滝」とも言われ、いろんな言われ方、愛称があります。まあ、実は何回も来ています。よく行くところではありますが、この日はちょうど紅葉が見頃で最高で、一段と綺麗でした。その後、滝を十分に堪能した後、行ってきたのが田子町で唯一、「幻の田子牛」を味わうことのできる人気店です。

そこのお店で、彼女にお願いしましたのは、ちゃんとバイク用の物を買ってほしいですと言ったのです。そうしましたら彼女は、事故なんざを起こして、今回買ったメットと靴とジャケットを傷つけるようなことがあったのなら バイク王を呼んでバイクを売り飛ばすからね、と、つまりは、気をつけて乗れという約束をさせられたのです。そういう訳で次女とジャケット選んで購入をしました。その後、次女の用事で7つ隣の市のお弁当屋さんへ行きました。のり弁や唐揚げ弁当を買ってウチに帰りました。次女の友達が来ておりまして、お土産をいただきました。何をいただいたかといいますと、しいたけ、柿です。ありがたいことです。そして、一緒にご飯を食べました。

さらば、Tシャツ

夏になれば、Tシャツを着る、これは若いころには当たり前のことだった。半袖といえども襟アリのシャツを着ると、生地が厚いから、暑くて汗をかきやすいし、なんといってもTシャツは気軽だった。その頃きていたTシャツは、そんなおしゃれなものではなく、ひどいものだと、あのHanesの柄もなにもない白いTシャツの何年も着古したものだったりした。えりくびがビローンと伸びてしまっているのも、結構平気できていたのだ。学生のころなら、これでも問題ないが、就職してからもこんな状態だった。会社は作業着が支給されるのだが、中にきる服がそのまま、学生のときのままだった。就職しても独身のころはこんな状態だった。

やがて、結婚し、状況が変わった。自分の服が、嫁さんの管理下に置かれたのだ。急にゴージャスになったとかではないが、あまりにもおかしな格好はしなくなったのだ。着古した服などは破棄されました。当然ながら、何年も着ていたようなTシャツはゴミ箱行きになりました。自分は正直なところ、どんな服が似合うのかわからなかったけれど、嫁さんによるコーディネートでかなりマシになりました。家では犬を飼っていて、服が傷みます。犬がじゃれて、服をかんだり引っかいたりするのです。生地の薄いTシャツなどは一発でやられてしまいます。犬にじゃれられるとノミがついていそうです。それで夏はフロントラインならぬ、値段の安いフロントラインジェネリックがかかせないのです。

結婚から、十何年経過し、私も中高年の仲間入りになりました。この歳になると、あまり変な服は着れなくなりました。若者が着るようなハデなものは避けます。エリなしシャツはまず着ません。この歳になって今更おしゃれになったということです。かといって、人に会う機会もそんなにはあるわけでもなく、数枚のシャツがあれば、事足りますね。もちろん、Tシャツは着ません。若いときはそうでもありませんでしたが、日にあたると日焼けするということもありますが、大変疲れるのです。

長財布を使っています。

自分の財布に長財布を使っています。長財布を使いまじめたのは5年ほど前でしょうか。それまでは、普通の折り財布でした。これは嫁さんに買ってもらったもので、使い勝手もよかったのです。何年も使っているとさすがにボロが出てきます。特に折っている部分ですね。さて次の財布はどうしようかと思い始めたのですが、その頃、「長財布を使うとお金がたまる」というようなことを聞いて、自分も長財布を購入しました。確か、百万円とかたくさん入る財布をいつも使っていることで、自分も金持ちになるみたいなことだったと思います。あと、いつも、これまで折財布ばかりだったので、今度は違うものにしようということもありました。

長財布の使い心地ですが最初は、慣れませんでした。いつも、財布はズボン後ろポケットに入れるのですが、長財布の場合は、ポケットからはみ出ますので安全上よろしくない。なので、上着の内ポケットか、カバンに入れることになります。慣れの問題かもしれませんが、また、財布をおり畳みませんので、財布が無理がないといいますか、ゆとりができた、そんな感じですね。折財布では入れられるお札は大していれられませんが確かに、長財布なら、たくさん入ります。折財布はセセコマシイ感じですが、長財布は余裕という感じが勝手にしています。

さて、お金がたくさん入れられるようにと使ってきた長財布ですが、まだ、お金持ちにはなっていません。先日、ウチで飼っている犬のキキのための高級シャンプー(超高額!)をこちらで買ってしまったので、また、お金が減りました。財布をズボンの後ろポケットに入れなくなったので、財布を入れるためのカバンを持つようになりました。長財布は、折財布と違って「折り」ませんので、痛みが少なく、ずっと使えそうな予感です。長財布の方がカッコイイんじゃないかと勝手思っています。この長財布がお札でパンパンになる日はもうすぐだ!、と信じています。