バスタオルだけはゆずれない

アピタでバスタオルとタオルを3枚づつ購入して新しい物に買い替えました。それぞれ1枚2480円と980円で、アピタの品ぞろえの中ではおそらく最高級品だと思います。タオルがごわごわと、風呂上りや手洗いの後に手を拭くとき悲しい気持ちになるのです。細かいことかもしれないけど、自分にとっては普段の生活の中で大事にしているところです。バスタオルとタオルがごわごわなのは耐えれないのです。これまでずっとあの今治タオルを使い続けていましたが、今度はもう少しお安くてふわふわのタオルを探しておりました。極秘調査の結果、アピタにあったことがわかりました。

アピタだけあってお値段は今治タオルのおよそ半額ですみました。洗濯をしたら、すぐに弱るかもしれないけど、とりあえずしばらく使ってみようと思っております。実家のバスタオルとか結構ごわごわなんだよね。毎日、柔らかくてふわふわなタオルを使える事はなによりも小さな幸せなのです。私の中ではバスタオルの順位は高いのです。さて、博多でのお話。イカした若い男がおりました。印象は明るく、よく気がつく好青年なのです。声が俳優の草刈正雄に似ていると自分では思っている。彼は学生の頃はちょっとヤンキーだったそうで、犬びジジにフィラリア薬(こちら)を処方しながら、高校の頃からタバコを家でふかしておりました。でも彼の親はあまりとがめることなく、おおらかな家族だったそうな。彼の自宅に友だちを呼んで、いわゆるたまり場となっていた。彼のお母様は息子の友人の前でなんと、風呂上がりにバスタオルを巻いただけの姿をしていましたとさ。

さらにその友人たちにあんたたち、風呂に入っていきなされと声をかけたそうです。さらにさらに、あんたたち、泊まっていきなよ。一緒に寝よう。おばさん真ん中で寝るからさ、おしゃべりしようよ、言っていたらしい。そしてその親父さんのお話。イケメン君が学校で悪事をして、担任の教師が家庭訪問にやって来た時のことです。彼の父親が対応にあたったのですが、「この度は息子がご迷惑をおかけしまして、すみません。お前、ちょっと来て。ぼこぼこ、ぼこぼこ」とおやじさんから殴られたそうです。先生がさすがに止めにはいって、収まりました。そして、親父さんは言うには、いやー、あれだけやっとけば、先生は、もう、なんにも言うまい。というお話。

今年の秋の旅行は?

さて、青森県はただいま紅葉シーズン真っ盛りなのです。僕が好きな深浦町十五湖も色づき始めました。毎年、毎年欠かさずみに行っている深浦町なのですが、今年は仕事がありがたいことに忙しいので、行くことがむつかしいかもしれません。そして、この土日の週末は青森県山田子町へ行ってきましたよ。最近、岩手県三戸市の友人4人と仲良くさせていただいておりますので、私は下北半島の出身の人間ですが、しばしば県南やカシオペア連邦にはよく寄らせていただいております。今回のおでかけの目的は「滝」と「肉」を食べること。
滝は山田子町の市街から60キロと離れたところにあり、行くのにも苦労するところなのですが、山中の駐車場に車を止めさせてもらい、徒歩55分くらいの遊歩道を歩くと目的地の滝が現れます。

この滝は「みろくの滝」といいます。フォルムがスヌーピーの横顔に見えることから、別名を「スヌーピーの滝」とも言われていますよ。確かにスヌーピーに見えますが、毛並みの悪い猫のようですね。高さ67mで、幅780mほどで、糸を引くように滝が流れているため、さらに別名「ソーメン白糸の滝」とも言われ、いろんな言われ方、愛称があります。まあ、実は何回も来ています。よく行くところではありますが、この日はちょうど紅葉が見頃で最高で、一段と綺麗でした。その後、滝を十分に堪能した後、行ってきたのが田子町で唯一、「幻の田子牛」を味わうことのできる人気店です。

そこのお店で、彼女にお願いしましたのは、ちゃんとバイク用の物を買ってほしいですと言ったのです。そうしましたら彼女は、事故なんざを起こして、今回買ったメットと靴とジャケットを傷つけるようなことがあったのなら バイク王を呼んでバイクを売り飛ばすからね、と、つまりは、気をつけて乗れという約束をさせられたのです。そういう訳で次女とジャケット選んで購入をしました。その後、次女の用事で7つ隣の市のお弁当屋さんへ行きました。のり弁や唐揚げ弁当を買ってウチに帰りました。次女の友達が来ておりまして、お土産をいただきました。何をいただいたかといいますと、しいたけ、柿です。ありがたいことです。そして、一緒にご飯を食べました。

さらば、Tシャツ

夏になれば、Tシャツを着る、これは若いころには当たり前のことだった。半袖といえども襟アリのシャツを着ると、生地が厚いから、暑くて汗をかきやすいし、なんといってもTシャツは気軽だった。その頃きていたTシャツは、そんなおしゃれなものではなく、ひどいものだと、あのHanesの柄もなにもない白いTシャツの何年も着古したものだったりした。えりくびがビローンと伸びてしまっているのも、結構平気できていたのだ。学生のころなら、これでも問題ないが、就職してからもこんな状態だった。会社は作業着が支給されるのだが、中にきる服がそのまま、学生のときのままだった。就職しても独身のころはこんな状態だった。

やがて、結婚し、状況が変わった。自分の服が、嫁さんの管理下に置かれたのだ。急にゴージャスになったとかではないが、あまりにもおかしな格好はしなくなったのだ。着古した服などは破棄されました。当然ながら、何年も着ていたようなTシャツはゴミ箱行きになりました。自分は正直なところ、どんな服が似合うのかわからなかったけれど、嫁さんによるコーディネートでかなりマシになりました。家では犬を飼っていて、服が傷みます。犬がじゃれて、服をかんだり引っかいたりするのです。生地の薄いTシャツなどは一発でやられてしまいます。犬にじゃれられるとノミがついていそうです。それで夏はフロントラインならぬ、値段の安いフロントラインジェネリックがかかせないのです。

結婚から、十何年経過し、私も中高年の仲間入りになりました。この歳になると、あまり変な服は着れなくなりました。若者が着るようなハデなものは避けます。エリなしシャツはまず着ません。この歳になって今更おしゃれになったということです。かといって、人に会う機会もそんなにはあるわけでもなく、数枚のシャツがあれば、事足りますね。もちろん、Tシャツは着ません。若いときはそうでもありませんでしたが、日にあたると日焼けするということもありますが、大変疲れるのです。

長財布を使っています。

自分の財布に長財布を使っています。長財布を使いまじめたのは5年ほど前でしょうか。それまでは、普通の折り財布でした。これは嫁さんに買ってもらったもので、使い勝手もよかったのです。何年も使っているとさすがにボロが出てきます。特に折っている部分ですね。さて次の財布はどうしようかと思い始めたのですが、その頃、「長財布を使うとお金がたまる」というようなことを聞いて、自分も長財布を購入しました。確か、百万円とかたくさん入る財布をいつも使っていることで、自分も金持ちになるみたいなことだったと思います。あと、いつも、これまで折財布ばかりだったので、今度は違うものにしようということもありました。

長財布の使い心地ですが最初は、慣れませんでした。いつも、財布はズボン後ろポケットに入れるのですが、長財布の場合は、ポケットからはみ出ますので安全上よろしくない。なので、上着の内ポケットか、カバンに入れることになります。慣れの問題かもしれませんが、また、財布をおり畳みませんので、財布が無理がないといいますか、ゆとりができた、そんな感じですね。折財布では入れられるお札は大していれられませんが確かに、長財布なら、たくさん入ります。折財布はセセコマシイ感じですが、長財布は余裕という感じが勝手にしています。

さて、お金がたくさん入れられるようにと使ってきた長財布ですが、まだ、お金持ちにはなっていません。先日、ウチで飼っている犬のキキのための高級シャンプー(超高額!)をこちらで買ってしまったので、また、お金が減りました。財布をズボンの後ろポケットに入れなくなったので、財布を入れるためのカバンを持つようになりました。長財布は、折財布と違って「折り」ませんので、痛みが少なく、ずっと使えそうな予感です。長財布の方がカッコイイんじゃないかと勝手思っています。この長財布がお札でパンパンになる日はもうすぐだ!、と信じています。

どうぞよろしくです。

高崎市のケーちゃんです。

こちらのサイトで趣味の釣りのことなどを挙げていく予定です。

平日は勤め人で、釣りに行くのはもっぱら土日祝日の休日です。川釣りも海釣りも両方行きます。場所柄、海はなかなか行きづらいですが。海に行くとなれば、やはり茨城県になります。移動時間が長いとさすがにへとへとです。

年も年ですので、体重が気になって参ります。御多分にもれず、若い頃はなんともありませんでしたが、今は満腹になるまで食べる、というのを続けると間違いなく太っていきます。体重が増えるのを恐れて、食べるのがこわいという状況です。まあ、毎日、何かカロリーを減らすようなことをしていれば別でしょうが。

また、地域貢献活動も少しやっています。町内会に参加する程度なのですが。

では。