コーヒー牛乳のうんちく

本日、タイヤをスタッドレスに替えました。もう11月ですが、暑ったですね。もう11月なのに汗だくになってしまいました。なかなかタイヤ交換のタイミングが合わなくて今日を逃すと1ヵ月以上は替える日が無くなってしまうので朝から気合をいれてやりました。さて、先日のキャンプでのお話をします。起床しまして、ササッと片付けをしました。そして、そのまますぐに高速道路へ向かいます。でも、その前に寄り道してしまいました。また来てしまいました。川根温泉です。そこには、なにか来ていて、人だかりがありました。近寄ってみますと、ポニーや、ウサギ、ヤギもいました。何かと思えば、移動動物園のようでした。

そこで十分に楽しみまして温泉へいきました。もちろん、お風呂上がりは「牛乳」です。昔はコーヒー牛乳でしたが、最近はちゃんと味が味わえる牛乳に切りかえました。まあ、牛乳の味の違いなんてなかなかわかりませんが、パック牛乳との違いはわかります。牛乳といえば、肌に合わない人がときどきいます。犬の話にはなりますが、犬がアトピーにかかっている場合には牛乳を犬に与えるとよくないらしいです。そして風呂上がりにお腹が空きました。道の駅の野菜売り場で自然薯を見かましたので、「とろろ」が食べたくなり、とろろが食せるところはないかと、川根温泉から高速道路に移動しつつ探しておりました。さて、空腹の科学です。健康の基本は胃の中を空っぽにしておくことです。エネルギーが足りなくなった時に「お腹が空いた」と感じます。お腹の中に何も入ってない方が調子がいいです。

太った人は常にお腹に物をいれているんじゃないかと思います。そういう私も、結構なダラダラ食べている方で、これを聞いたときはドキリとしました。思い起こせば、1、2時間おきになんか食べているようです。おにぎりとか、飴とか、チョコとか、コーヒー牛乳とかです。しかも、朝昼晩も正規のご飯もちゃんと食べますので、こんなに運動していてもそこまで細くないのです。ここでのポイントはイライラをしずめられるのではと常に食べていることが普通になっていること。食べていてもいいのですが、低GI食品に変えましょう。